誰も汗をかいていないのに自分だけ汗を流している状況

自分は汗っかきで寒がりです。
夏場は殆どの人が汗を流している為、たくさん発汗していても人の目を引くような事はないです。
友人達といても「すっごく汗かいてるんだけど」で済ませます。

しかし、冬の場合はそうはいかないのです。
みんなは誰も汗をかいていないのに自分だけ汗を流しているのです。
汗かきなくせに寒がりな為、寒い季節は着こんでいます。

ですが、すごく暖かい屋内や地下鉄の中では発汗するのです。
身体の方の汗は服に覆われているので分からないのですが、顔面から出る汗はどうにもならないのです。
「大丈夫?」なんて皆に心配されますが、そういわれると猶更汗が吹き出します。

おでこに滲む汗、ほほを伝ってくる汗は隠せないのです。
ですから冬場は着たり脱いだりしやすい服を着ています。

でも、満員電車の中では上着を脱ぐのも困難です。
汗をかいた状態で下車すると寒いので、外気との差で体調を崩したことがあります。
多汗症の人が本当に悩む季節は、たくさん汗が出る夏ではなく冬だと思います。

産後休暇が終わり、ようやくお仕事に復帰できます。
GS(ガソリンスタンド)では値上がりが激しいので産休前より単価が上がりビックリしました。
暑くなる前に復帰した理由はちょっとでも体をなじませておかないとまた水も滴るいい女になってしまうので。

ご存知かと思いますがスタンドって炎天下で、長袖のポロシャツ、車の発する熱で高温な場所です。
汗っかきなわたしは暖かい季節になると汗まみれになるのです。

夏場は髪の毛を結んでいても毛先から汗が垂れてしまう為車を汚してしまわないように、お団子ヘアにしているのです。
首がすごく、日に焼けますけど…。

20代の子は、汗はそんなにかかないの?って思ってしまうほど平然としています。
私は下にぴちぴちのTシャツを着て両脇に保冷剤をタオルにくるんで入れたり、ブラの中にも保冷剤をティッシュでくるんで入れておかなかったら非常に厄介な事になります。

化粧においては、当然お昼までもちませんのでそれ以降はアイブロウが落ちた状態で働いています。
私はすごい車好きなので続けたいけど、酷暑の中でも涼しい物を作ってくれないかなと思います。

自分自身は前から汗かきで代謝がすごくよく、拉麺とかうどんの他にファミリーレストランのメニューを頂いても顔に汗をかいてしまうのです。
皆でご飯を食べに行くと毎回汗の事でつっこまれるのでとても恥ずかしかったりしましたが、いまだに新陳代謝が下がった感じもないので悩みは解決していません。

わたしはいつでも汗をかくので、冬の時期でも通勤や外回りで5分程度歩いただけでひたいから汗が出るので、手間暇かけてメイクしたとしても外出したりすると汗で化粧が落ちるのでホントに困ります。
汗や水をはじくような物を使っても駄目なのでまめに汗を拭き、できるだけ動かなくても良いように車で移動するようにしたりと体の為にならないことをやってしまいます。

とりわけ気になるアセというのは緊張状態に陥った時に出る汗になります。
緊張した時に出てくる汗というのは大体わき汗ですので出来るだけ汗のシミが分かってしまう灰色や中間色の洋服は買いませんし、緊張しないようにくつろぐ方法を考えていますが、頭を悩ませているだけで発汗するのです。

汗が出ると見た目からして分かってしまうので不潔に見られていないだろうかと、人の視線がとても気になるのです。
「多汗症とは将来的にも関わり合っていかないとダメなんだろうな」と思うとブルーになりますが、私なりに付き合っていける方法を調べて実行したいと思っています。